【開発事例】Raspberry Piの応用開発のご紹介

新規開発にプロトタイプは必須です。

Raspberry Piを活用したプロトタイプ開発

新規ご案件の開発の際、仕様検討から製品製造まで長い期間が要用です。常に十分な開発期間があれば問題はありませんが、実際の現場ではそうはいかず、仕様検討時・開発初期段階でプロトタイプが必要とされる事は少なくはありません。

当社ではRaspberry Piを活用することでプロトタイプの早期開発を可能にしています。プロトタイプの早期実現により、仕様検討の充実・初期設計の効率化が図れます。
    

Raspberry Piとは?

Raspberry Piは、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータです。

標準で汎用的なLinuxを走らせる事が出来ます。

安価で入手できることもあり幅広い場面で活用されています。
    

Raspberry Piにより開発期間の短縮、コスト削減が可能に?

Raspberry Piは学生用、組み込み系の勉強ツールとして開発されました。

汎用的なLinux上で、組み込みで必要なGPIOなどが操作出来ます。

高級言語でソフト開発が行えるのでソフトの開発期間が驚く程短縮されます。

またRaspberry Piと専用のオプションボードを組み合わせることで、さらなる開発期間の短縮が可能になります。
    

Raspberry Piの応用事例

以下はRaspberry Piの応用事例となります。

  • Raspberry Pi + RFモジュールボード = センサーネットワーク評価セット
  • Raspberry Pi + Wi-SUNボード = HEMS評価セット
  • Raspberry Pi + Wi-Fi + Optionボード = IoT用基板

 

条件によっては製品にこれらを使用することで開発や製造のコスト削減が可能になります。

当社では豊富なオリジナル・オプションボードの利用などを含め納期面・コスト面を考慮したお客様のニーズに合ったご提案を多数ご用意させて頂きます。

Raspberry Pi_image(1)
    

Raspberry Piの注意点

Raspberry Piは非常に便利なボードですが、使用するライブラリなどによりリスクも存在します。

特にライブラリを機能拡張で改造する場合やライブラリ自体にバグがあった場合、オープンソースの為、ベンダーによるサポートが無いので、解決するのに余計なコスト・日程の遅れ等が発生します。

Raspberry Piは非常にメリットが多い製品ですが、使用にあたってはリスク面も検討した開発が必要です。

当社は豊富な経験を活かしてお客様に安心・安全なご提案をご提供致します。

Raspberry Piをご検討の際は是非ご相談ください。

button05_toiawase_03

© 2015 Gbit-board(PCB design service )