【開発事例】無線モジュールの活用

無線モジュールを活用した開発案件

当社では、無線モジュールを使用した開発案件の実績も多数ございます。
お客様の用途やご使用環境に応じて最適なシステムのご提案をさせていただきます。

下記は、当社開発実績の一例です。
   

自動散水制御システム開発

自動散水装置_20160825(2)

・無線規格:特定小電力(デジタル簡易無線)
・作業内容:仕様検討~制御盤(PLC)設計・製造(中央制御盤1台,制御端末37台)
・開発期間:約6ヶ月

山岳部のりんご農園で使用されている散水機の制御を無線化し、中央制御盤から一括で制御する事で、それまで余分に発生していた作業工数や水道代を削減しました。

無線化前は予め設定したタイマーで動作しているので、雨天でも散水しておりました。
作業者は都度、散水機を巡回し個別でOFFしておりましたが、無線化後は中央制御盤で一括OFF/ON出来るので、巡回の手間を省き迅速に状況に応じた散水を行う事が出来ます。

当社では、仕様検討から制御盤(PLC)製造まで担当させていただきました。
無線機設置前に予め電波強度を調査するなど、机上計算だけでは無く実地測定も対応しました。
   

大学研究向け、Bluetoothを用いた実験機材開発

・無線規格:Bluetooth
・作業内容:ソフトウェア開発・ハードウェア設計
・開発期間:約2ヶ月

市販のBluetoothを用いて、大学でのレーザー光の実験をサポートしました。
アイディアレベルの仕様書やブロック図、参考回路から実験装置を設計・製造しました。
ルネサスマイコン「RLシリーズ」には多くの実績があり、組み込みマイコンボードの設計は短期間で対応可能です。
   

車載部品の無線制御開発

・無線規格:ZigBee
・作業内容:仕様検討~実装基板製造~実証実験
・開発期間:約4.0ヶ月

車内配線削減の研究テーマとして某自動車メーカーのご依頼により実験セットを開発しました。
ZigBeeはXbeeを使用し、ネットワーク上の機器を自動認識しシームレスな装置のアドオンと制御を実現しました。
作業にあたり、Xbeeのブロードキャスト通信制限などによる幾つかの課題が浮き彫りになりましたが、先方のご担当者と協議し通信方式を変更する事で当初目標を達成しました。

本プロジェクトでは状況に応じて仕様を提案した事を高くご評価頂きました
   

環境センサネットワーク開発

環境センサユニット

・無線規格:特定小電力(920MHz)
・作業内容:仕様検討~製品製造(筐体製作込み)
・開発期間:約6ヶ月

920MHz帯の無線モジュールを使用した環境センサネットワークユニットを開発しました。
こちらはZigBeeを用いたセンサネットワークの経験・課題を元に基本設計を行いました。

本製品は、親機と子機を特定小電力無線(920MHz帯)で接続し、子機でセンシングしたデータを中継器を経由して親機へ伝送します。
収集したデータは親機と接続したPC等のモニターから確認が可能です。

製品には、RF無線モジュールと温湿度センサが既に搭載されておりますが、お客様のご要望に応じて各種センサ追加によるカスタム対応が可能です。

装置は20台以上接続可能であり、伝送データはパソコンから一括管理することが出来ます。
工場やビニールハウスなどの環境管理用に既にお客様への導入実績もございます。

案件を通して工場への導入時の自動経路検索機能・920MHz帯の通信距離・通信を高い確率で伝送する等、様々なノウハウを蓄積しました。

既存システムや製品の無線化、無線ネットワークソリューションをご検討の際はぜひ一度、ご相談くださいませ。

button05_toiawase_03

© 2015 Gbit-board(PCB design service )