FPGAカンファレンスに参加しました

 2014年1月31日に、東京お台場にある東京都立産業技術研究センターにて「FPGAカンファレンス2014 with プログラマブルデバイスプラザ」が開催され参加しました。今回のテーマは『FPGA/プログラマブルデバイスが切り開く新アプリ -パワー編-』で、弊社はハイスペックFPGAを使用した高速通信ボードを展示、また「電源品質を考慮した基板設計の取り組み」と題して高速FPGAを使用したボード設計の実例を挙げて紹介させて頂くセミナーを我がチームマネージャーs氏が担当させて頂きました。

スクリーンショット 2014-01-29 11.02.20

ーー スケージュール ーー

10:00<主催者講演>
題名:「FPGAトレンドとディペンダブルシステム」
講師:熊本大学大学院教授 末吉敏則氏

11:15<共催者講演>
題名:「FPGA向け高位合成手法の実践活用」
講師:地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター
開発本部開発第一部 情報技術グループ 副主任 岡部 忠 氏

12:00 <出展社セミナー>
・アルデック・ジャパン株式会社
・株式会社日本サーキット
・株式会社PALTEK

12:45 昼食・展示

13:45 <スペシャルセッション> 講演
テーマ:「FPGAが切り開く新アプリ-車載・パワー編-」
内容 :FPGAが新たな市場を創出するデバイスに成長するという視点から、FPGAの概要と
車載系アプリケーション紹介をそれぞれ講演頂きます。
・ラティスセミコンダクター合同会社
・ザイリンクス株式会社
・ローム株式会社
・大陽工業株式会社
15:15 コーヒーブレイク
15:45 <スペシャルセッション> パネルディスカッション
内  容  :デバイスの特徴を生かした製品、電源モジュール・基板技術・熱対策など構成要素毎に
最新情報紹介し、皆様が抱える課題についてパネルディスカッションで深堀を進める。
モデレータ : FPGAコンソーシアム副理事長 松本 仁氏
パネリスト :ローム㈱、京セラサーキットソリューションズ㈱、大陽工業㈱ 各社エンジニア(予定)

ーー 出品したボードXilinx-Kintex7(XC7K70T)搭載基板及びAltera-Cyclon4(EP4CE115F)搭載ボード ーー

RIMG3162-350RIMG3160-350

 

ーー 弊社セミナー「電源品質を考慮したPCB設計の取り組み」 ーー

FPGAカンファレンス表紙fpgaカンファレンス資料1fpgaカンファレンス資料2-2fpgaカンファレンス資料3

運営に携わっておられた皆様、参加された企業様、そしてご来場の皆様には大変お世話になりまして心より御礼申し上げます。有り難う御座いました。

 
© 2015 Gbit-board(PCB design service )