EMCとは

EMCとは

EMC(Electromagnetic Compatibility:電磁両立性)とは「電磁両立性」という意味で、“使用する電子機器が他の機器へノイズの影響を与えず(EMI)”、
“その機器自体も他の電子機器から放射ノイズの影響を受けにくい(EMS)” 2つの状態にあることを指しています。

EMI、EMS

EMI(エミッション):使用する電子機器が他の機器へノイズの影響を与えない
EMS(イミュニティ):機器自体が他の電子機器から放射ノイズの影響を受けにくい

私達の身の回りには、通信機器や音響・映像機器、輸送機器など、多くの電子機器が溢れています。これらは私達の生活と密接に関係しており、現代の生活において必要不可欠なものとなりました。

年々、高速化・小型化・高性能化していく電子機器は、その機能向上に伴い複雑化してきました。

その為、基板設計段階からノイズ対策を意識していかなければ機器同士の干渉による誤作動を引き起こしたり、動作しなかったりという問題が発生する可能性があります。

これらの電子機器は、その機器自体が電磁波(電磁ノイズ)を放出し他の機器へ影響を及ぼすことがあれば、反対に他の機器から出た電磁波により影響を受けることもあります。

ものづくりにおいて、全てのノイズを完全になくすことは不可能なので、私達はEMI・EMS双方を定められた規定値内に収める為の設計や製造を行うことが必要となります。

上記のように非常に厄介なEMCの問題ですが、使用する部品や設計の方法により問題の発生を抑えることが出来ます。EMCにおける基本的な対策としては 「反射」 「吸収」 「バイパス」 「シールド」 の4つが挙げられます。

これらは基本的な対策ではありますが、最適に活用することで効果的な対処法となる可能性が高いです。

詳しくは、弊社運営サイト『EMC RESCUE』の『EMCにおける基本的な対策方法』記事でも紹介を行っております。

当社では、これまでに豊富な経験を積んだ設計スタッフがサポートをさせていただきますので、EMC対策をご検討の際はぜひご相談ください。
   
技術的なご相談・お見積りのご依頼はこちらから

button05_toiawase_03
   

関連技術

「フェライトコアでEMI対策」
「ガスケットでEMI対策」

 
© 2015 Gbit-board(PCB design service )